« 今夜は雨が相当、強い。菜種梅雨かな | トップページ | わんわんブログ »

2018年4月16日 (月)

デモの連中もそうだけど

シールズに代表される近年の左翼は基本的にパターン化された思考と行動をとる
・デモ隊
→自分たちが国民の声を代表してるかのように振る舞い、自分たちの行動に酔っている。
また、野党議員が味方にいるから怖くない!
・自分たちと違う意見
→差別に満ちたヘイトスピーチと決めつけ、反論する者には徹底的にかつ悪意に満ちた罵倒やそれを全否定することで、自分たちの正統性をアピールする。
・憲法守れ
→基本的に護憲と言っておきながら、道交法などの法律を順守する気など更々ない。更に言えば、自分たちが犯罪を犯した自覚などなく、「犯罪者というなら、安倍こそ国民の犯罪者だ」と論点をすり替える。
・暴徒化したデモ隊への現行犯逮捕
→基本的に警察は中立の立場であり、一般人に害が及ばないように見張っているだけで、警察官の公務を妨害したり、一般人に被害が既に出て逮捕すれば、奴らは国家権力による弾圧と大合唱する。
他からの目撃者をネトウヨの共犯者と決めつける
→右派左派問わずネットが隅々まで普及した現代社会で、どこの誰がカメラを向けてるかわからない。そして、その行動は動画や写真でネットに流布されるが、リアルに通行人などの目撃者にも罵詈雑言を浴びせる。
平和的な活動だ
→そう言っておきながら、無関係な人にまで被害を出す。
例え、迷惑だと注意するものなら逆ギレし暴行を加えることだってあるが、質が悪いのは「暴力をふったのは向こう」と主張したり、極端なところまでいくとストーキングなど平気でする。
自分たち以外はみんな敵であり、罵声や殴っても良いという考え方なとで、まともに話すのも無駄です。
■国会前で市民団体が集会 「全部明らかにして」抗議の声
(朝日新聞デジタル - 04月14日 17:42)

« 今夜は雨が相当、強い。菜種梅雨かな | トップページ | わんわんブログ »